• トップ /
  • 矯正歯科には長い時間が必要

矯正歯科での改善時間とは

矯正歯科には長い時間が必要

矯正歯科にかかる時間とは

矯正歯科は歯並びにコンプレックスを抱えている人にとって非常に魅力的な治療です。残歯を専用の器具で牽引して適切に位置に整えてくれるため、負担も少なく出来ることが多いです。しかし歯並びの改善には非常に時間もかかります。専用器具で牽引するにあたり、一度に強すぎる力で行ってしまうとかえって負担を掛けかねません。そのため矯正歯科には長い時間がかかることをそうていしたうえで改善に努めることが必要となります。具体的な時間としてはその症状の程度にもよりますが半年以上はかかることが多いです。その間に定期的に矯正歯科に通い、牽引の力の微調整や必要に応じて再取り付けなど定期的なメンテナンスも必要になります。費用に関しても保険が適応にならない為高額となりますが、その金額分の望む結果を得ることができることからも改善を図る人は多いです。中には重症化している人の場合、年単位で想定が必要なケースもあります。また専用器具は見た目にも印象が悪く、矯正中であることを周囲に一目で知られてしまいます。そのため最近では歯の内側に取り付けることができるタイプのものもあります。内側に取り付けるため、舌が当たってしまったり歯触りが悪いなどデメリットもありますが、長期間人目に触れずに矯正歯科を利用できるというメリットもあります。

↑PAGE TOP